マージンとその仕組みは?

Paxfulで取引を開始するには、魅力的で収益性の高いオファーを作成する方法を知ることが非常に重要です。マージンはオファー主のみが設定可能で、取引開始後は固定されます。オファー主やベンダーは、Paxfulで利用可能な350種類以上の支払い方法を使ってビットコインを売買できます。 

Paxfulはすべてのオファーに対し、正のマージンと負のマージンの両方を設定できるようにしています。 

正のマージン: 

仮に、所有するビットコインを直接現金に交換する場合を考えてみましょう。この場合、銀行振込の販売オファーを作成するものとします。また、収益の25%を獲得することにします。そのためには、25%のマージンを設定する必要があります。その結果、ビットコインの販売者は送金額の125%を受け取ることになります。

例えば、100 USDの銀行振込取引が発生したとします。その場合、100 USDが125%になります。

ビットコインの販売者が100%を購入者に支払います。では、125%から100%を計算してみましょう。

100/125 = 0.8

つまり、購入者は銀行振り込みで1ドルあたり0.8 USD相当のビットコインを受け取ることになります。

言い換えれば、購入者は80 USD相当のビットコインを受け取り、ベンダーは100 USDの送金額を受け取り、この取引で20 USD相当のビットコインを節約することになります。

注意:エスクロー手数料は常に合計販売価格に含まれています。エスクロー手数料は取引開始時にマージン率に追加されます。

負のマージン: 

仮に、ギフトカードでビットコインを購入するオファーを作成する場合を考えてみましょう。あなたはビットコイン販売者にとって魅力的なオファーを作成し、-5%の負のマージンを設定したがっているものとします。

これにより、ギフトカードの価値は合計販売価格の95%になります。

例えば額面200 USDのギフトカードを取引する場合、オファー主は190 USD相当のビットコインを受け取ることになります。この場合、販売者は200 USDあたり10 USD(または100 USDあたり5 USD)の利益を得ます。

100/95 = 1.05 USD(1ドルあたり)が、ビットコイン販売者の利益になります。

オファーのマージンを選択する前に、特定の支払いグループに設定されたマージンの制限を考慮してください。

宣伝のみを目的としてマージンを設定することや、マージンを使用して顧客を誤解させることは固く禁じられています
 

このセクションの記事