認証の問題と解決方法

身元認証が却下される理由はいくつか考えられます。以下に最も一般的な理由を掲載しています。

上記に記載した認証中の問題を解決する方法については、以下のガイドラインをご確認ください。

  • 判読不可能または低品質な写真をアップロードした。

当社ウェブサイトで新しい認証リクエストを送信してください。ログイン後、必要なものをすべてアップロードしてください。画像はJPEG形式で高画質でなければなりません。画像が鮮明で、判読可能なことを確認してください。身元証明書からカバーをすべて外し、他の物で隠れないようにしてください。

  • 不正な身元証明書をアップロードした。

パスポート、国民IDカード、納税者番号カード、運転免許証、または投票者カードなどの対応している身元証明書を使用し、新しい認証リクエストを送信してください(国民IDカードは紙媒体ではなく、新しい形式でなければなりません)。当社の認証プロバイダは学生証などのその他の身元証明書は受け付けていません。

  • 紙媒体の身元証明書をアップロードした。

パスポート、国民IDカード、運転免許証、または投票者カードなどの対応している身元証明書を使用し、新しい認証リクエストを送信してください(国民IDカードは新しい形式でなければなりません)。紙媒体の身元証明書は受け付けていません。

  • 身元証明書とセルフィーがアップロード中に入れ替わってしまった。

新しい認証リクエストを送信し、Paxfulの認証フォームの適切な部分で身元証明書とセルフィーをアップロードしてください。身元証明書とセルフィーが鮮明に写っており、高画質であることを確認してください。 

  • 身元証明書の有効期限が切れている。

身元証明書の有効期限が切れているというエラーメッセージを受信した場合は、有効期限日が記載されたパスポート、国民IDカード、運転免許証などの別の身元証明書をアップロードできます。新しくアップロードする身元証明書には、有効期限が記載されていなければなりません。

  • 提供された身元証明書がアカウント所有者のものではない。 

アカウント情報(名前、姓、国)に一致する身元証明書をアップロードしてください。身元証明書の写真は、あなたが送信したセルフィーのものと一致していなければなりません。 

  • 身元証明書が編集されていた、または原本ではない

身元証明書を編集せず、原本を使って認証リクエストをもう一度送信してください。写真はフルカラーである必要があり、切り抜きやいかなる種類の改ざんも禁止されています。

  • セルフィーの撮影に問題がある

生存性チェック(当社が身元証明書の画像を照合するためにあなたがセルフィーをクリックする場面)中にエラーが表示される場合、アプリが端末のカメラへのアクセスを制限されている可能性があります。例えば、アプリケーションがお使いの端末のカメラにアクセス権限がない場合です。ブラウザやアプリがそれぞれの端末のカメラにアクセスできることを確認してください。または、別のブラウザや端末で認証手続きを試すこともできます。

  • セルフィーを撮影せず、スキャンした写真をアップロードした。

当社の認証プロバイダは、セルフィーの代わりにスキャンされた写真を使うことを認めていません。元のデジタル写真のみをアップロードしてください。写真はJPEG形式で高画質でなければなりません。画像が鮮明で、判読可能なことを確認してください。

  • 身元証明書がラテン文字以外の言語で記載されている。

英語のアルファベットを使用しない言語で身元証明書が書かれている場合でも、認証用にその身元証明書を使用することができます。「対応していない身元証明書」というメッセージが届いた場合は、当社の認証プロバイダがあなたの母国語をまだサポートしていないということです。その場合は、できれば英語で記載された別の有効な身元証明書をお試しください。

  • 認証試行回数の上限に達している。 

全体で最大5回まで身元認証を試みることができます。5回まで試みた後は、認証を続けることはできません。

ご質問や問題がある場合は、verification@paxful.com または help@paxful.com までお問い合わせください。




このセクションの記事

もっと見る