法定通貨


法定通貨または不換紙幣は政府が法的な通貨であると宣言した通貨ですが、物理的な物による裏付けはありません。 法定通貨の価値はその通貨を作る素材の価値ではなく、需要と供給の関係から導き出されます。 法定通貨が価値を持つのは、政府がその価値を維持している、あるいは両当事者が前述の価値に同意する場合のみです。 法定通貨は物に裏付けられた通貨に代わるものとして初めて導入されました。

このセクションの記事

もっと見る