ビットコインの購入オファーを作成する

個人的な取引ルールを設定して取引の流れを確立するには、独自のオファーを作成する必要があります。 このガイドでは、Paxfulでビットコインの購入オファーを作成する方法について概要を説明します。 他のPaxfulトレーダーからの既存オファーに興味がある場合は、ビットコインの購入ガイドをご覧ください。

手続きを開始する前に、アカウントを作成していることを確認してください。 Paxfulは登録時に無料のビットコインウォレットを提供しています。 登録完了後、ウォレット自動的に割り当てられます。

注意:オファーを作成するには、身元を認証する必要があります。

ビデオ

こちらの短いビデオではオファーの作成方法を紹介しています。

ステップ 1. 支払い方法

1. Paxfulアカウントにログインし、「オファーの作成」をクリックします。

1.2.pngオファーの作成」ページが表示されます。

2. オファーの種類は「ビットコインの購入」を選択します。
2.2.png

3. 支払い方法を選択してください。

希望するビットコインの購入方法を選択します。

  • 左側のボックスから支払いグループを選択します。
  • 中央のリストから正確な支払い方法を選択します。
  • 目的の支払い方法がどのグループに属するのか分からない場合は、検索バーで支払い方法を検索することもできます。 「すべての支払い方法を検索」フィールドに文字を入力し始めると、リストにオプションが表示されます。 目的の支払い方法がすでに登録されている場合は、選択候補に出てきます。

3.2.png

注意: ご希望の支払い方法がありませんか? 「新しい支払い方法を提案するにはここをクリックしてください」のリンクをクリックして新しい支払い方法を提案してください。

4. 「希望通貨」ドロップダウンリストから通貨を選択します。

4.2.png

注意:

  • 銀行振込の場合、銀行名と銀行口座が登録されている国を入力することが重要です。 これにより、取引相手候補が誤解するのを防ぐことができます。

5. すべての情報が正しいかどうかを確認し、「次のステップ」をクリックしてから先に進みます。
5.2.png

ステップ 2. マージンと取引上限額

1. 「マージン」フィールドに数字を入力し、各購入で獲得したい金額を選択します。

6.2.png

ビットコインの市場価格と個人的な取引の意向に応じて割合を設定してください。この割合は、正負両方の値に設定できます。マージンに関する詳細は、こちらをお読みください。 画面には、選択した割合に応じて獲得できる金額の明確な説明が表示されます。

注意:

  • 顧客を引き寄せたり、取引内で価格を交渉することを目的として非常に低い割合や高い割合を設定しないでください。 そのような行為は、利用規約に違反しています。
  • ビットコインの売却者は最良価格と評価の高いユーザーを探しています。 ターゲット売却者が高く評価すると思われるマージン率を選択してください。 購入オファーを作成する際には、正のマージン率をお勧めします。
  • デフォルトでは、Coinbase、Bitstamp、Bitfinexの平均買値がビットコイン価格として提供されます。 より柔軟なビットコインのレートを設定するには、高度なモードに切り替えてください

2. 「最低取引額」および「最高取引額」フィールドに数字を入力してオファーの取引上限額を設定します。
7.2.png
ここでは購入したいビットコインの金額を法定通貨建てで選択できます。

3. 「」フィールドに数字を入力してオファーの制限時間を選択します。
8.2.png

これは、あなたが支払いを完了させるべき期間を示します。 支払猶予期間が終了する前に「支払済」をあなたがクリックしなかった場合、取引は自動的に取り消されます。

4. すべての情報が正しいかどうかを確認し、「次のステップ」をクリックしてから先に進みます。
9.2.png

ステップ 3. 条件と指示


1. 「オファーのタグ」ドロップダウンリストからオファーのタグを選択します。
10.2.png

オファーのタグは、オファーリスト内の支払い方法の名前付近に表示されます。 タグはあなたのオファーをパーソナライズし、付加的な情報を追加するのに役立ちます。 

(例:すべての銀行振込、即時決済、長期購入者求む)

注意: お探しのタグが見つかりませんか? 「新しいタグをご提案ください」のリンクをクリックして新しいタグを提案してください。

2. オファーのラベルを作成します。 「オファーのラベル」フィールドに入力してください。
11.2.png

オファーのラベルは、支払い方法とタグの下に表示されます。 ラベルは1つ以上選択できます。 ラベルはオファーの最も重要な特徴に注目してもらうために使用されます。 

例:身元認証不要、高速解放、領収書必須など。

注意: 銀行振込の場合は、銀行名がラベルの代わりに使用されます。

3. 売却者に対するオファー条件を書きます。 「売却者に対するオファー条件」フィールドに入力してください。
12.2.png

この情報はあなたのオファーに公開されます。 短く、明確な情報を記載する必要があります。売却者に身元証明書の写真提供を求めますか? 領収書やその他の書類が必要ですか? 支払い方法を特定の方法で処理することを希望しますか? 支払いの処理にかなりの時間を必要としますか? 詳細情報は、こちらをチェックしてください。

4. 取引の指示を書きます。 「取引の指示」フィールドに入力してください。

13.2.png

取引の指示は、取引が開始すると表示されるようになります。 これは、取引相手候補にとって明確なステップバイステップ形式のガイドになるはずです。 詳細情報は、こちらをご覧ください。

5. 取引相手に対する認証フィルタが必要な場合は「認証」チェックボックスにチェックを入れてください。

14.2.png

認証済みユーザーと取引することで、無責任なユーザーを回避することができます。 しかし、オンラインでのプライバシーを確保したいと考えているユーザーも存在するため、潜在的な取引の数が少なくなる可能性があります。

必要に応じて「高度なオプション」をクリックし、その他の追加設定を行ってください。

  • 信頼済みリストに登録されているユーザーのみにこのオファーを表示する」チェックボックスを選択すると、オファーの表示対象を調整できます。
    表示対象を信頼済みユーザーのみに設定することができます。 これは、信頼済みにマークしたトレーダーのリストがあり、そのグループ内のユーザーとだけ取引したい場合に便利です。
  • 必要な最低取引回数フィールドに数字を入力して必要な最低取引回数を設定します。
    これはPaxfulの上級ユーザーとだけ取引したい場合に便利です。 自分にとって妥当だと思われる最低取引回数を設定してください。
  • 新規アカウントの法定通貨制限額」フィールドに数字を入力し、新規アカウントの法定通貨制限額を設定します。
    このオプションを使うと、取引回数が少なく評価の低いユーザーと高額の取引を行うリスクを避けることができます。
  • 国による制限を設定します。 「国による制限」リストからオプションを選択し、下のフィールドに国を入力します。
    指定国の顧客にあなたのオファーを表示したり、表示にしたりできます。 これはIPアドレスとスマートな国検出アルゴリズムに関連しています。
  • プロキシやVPNの制限」リストからオプションを選択してプロキシやVPNの制限を調整します。 すべてのユーザーと取引するか、VPNや匿名化ツールを使用するユーザーを回避するかどうかを選択することができます。

15.2.png

6. すべての情報が正しいかどうかを確認し、「オファーの作成」をクリックしてから先に進みます。
16.2.png

注意:

  • 前のステップ」ボタンをクリックすれば、いつでも前のステップに戻ることができます。
  • 自分のオファーは後で変更または編集できます。
  • 取引が開始した後はオファーを変更できません。
  • 作成したオファーはダッシュボードで確認できます。 オファーを編集および管理するには、ベンダーダッシュボードを使用してください。

あなたのオファーが作成されます。 売却者が取引を開始するのを待ってください。 

利用規約ビットコインを購入するためのヒントをチェックしてください。 問題が発生した場合は、サポートまでお気軽にお問い合わせください。



このセクションの記事